Blog
2019.04.16 牛肉の熟成の方法を堺市の料理店が解説します!

「エイジングビーフがどのように作られているのか教えて欲しい」

「熟成肉の作り方を教えて欲しい」

このようにお考えの方は多いのではないでしょうか?

良く熟成されたエイジングビーフは肉質が柔らかく、多くの方の人気を集めています。

そのエイジングビーフですが、いったいどのように作られているのか気になりますよね。

そこで今回は、エイジングビーフ、熟成肉がどのように作られているのかをご紹介します。

 

エイジングビーフの作り方

 

ここでは、基本的なエイジングビーフの作り方をご紹介します。

 

*温度を1度から2度に保つ

 

エイジングビーフを作るためには温度を1度から2度に保つ必要があります。

ご家庭でエイジングビーフを作ろうとした際に、温度を1度から2度に保つことは難しいでしょう。

専用の保管庫を準備しなければいけない場合もあります。

 

*湿度を70%から80%に保つ

 

温度管理の次は湿度についてです。

エイジングビーフを作るためには湿度は70%から80%に保つ必要があります。

湿度は様々な要因によって変化するので、厳格な湿度調整が必要です。

先ほどご紹介した温度管理と同様に、専用の保管庫を準備しなければいけない場合があります。

 

*強い風を当てる

 

エイジングビーフを作るには強い風を当てることも必要です。

上記2つよりは難易度が低いですが、難しいということには変わりありません。

上記の内容を実行できたとしてもエイジングビーフを作れるとは限りません。

過去の経験を活かした綿密な管理が必要なのです。

マニュアルだけではできないのが難しい点です。

おししいエイジングビーフを作るためには修行を積んだ熟練の技が必要になります。

 

まとめ

 

今回はエイジングビーフ、熟成肉がどのように作られているのかをご紹介しました。

緻密な管理と熟練の技によってあのおいしさが生まれているのですね。

当店では赤身熟成肉を取り扱っております。

店内にはドッグスペースがあり、愛犬も室内で一緒にお食事ができます。

愛犬と一緒にお食事を楽しみたいという方はぜひ一度ご来店ください。

たまにはちょっとした非日常空間で、子洒落たお酒でもどうですか?
イベント
ありがとうプロジェクト 松原工務店カンパニータンク

ページトップ

Copyright© 堺市美原区のダイニングバー【Farmer’s origin】 All Rights Reserved.